EMI確認検査機構タイトル
年月日
     

 


住宅性能評価業務内容



 住宅性能評価とは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づき定められた評価方法基準等によって、住宅の性能を等級や数値等で表示するものです。


  • 業務の範囲
    • 高さが60m以内の建築物である住宅の設計住宅性能評価及び建設住宅性能評価(新築住宅に限ります。)を行います。

  • 情報開示
    • 住宅性能評価業務についての情報開示については、こちらをご覧下さい。

  • 表示する評価内容
    • 次の10項目の分野にわたり、住宅の性能を等級・数値等で表示します。
      表示すべき事項 概      要
    構造の安定に関すること 耐震・耐風・耐積雪の性能、地盤・基礎の状況を表示します
    火災時の安全に関すること 火災報知設備、避難計画、脱出対策、耐火性能について表示します
    劣化の軽減に関すること 構造躯体の耐久性について表示します
    維持管理・更新への配慮に関すること 設備のメンテナンス・更新のしやすさを表示します
    温熱環境に関すること 省エネルギー性能を表示します
    空気環境に関すること 換気対策、シックハウス対策について表示します
    光・視環境に関すること 窓など開口部の多さについて表示します
    音環境に関すること 上下階住戸・隣接住戸、外壁開口部での音の伝わりにくさを表示します
    高齢者等への配慮に関すること 床段差、手すり高さなど高齢者等が生活していく上での配慮の程度を表示します
    10 防犯に関すること 開口部の侵入防止対策についての配慮の程度を表示します

  • 業務の流れ(新築住宅)
    • 詳しくは、EMIにお問い合わせ下さい。

  • 業務区域
    • 業務区域については、茨城県及び栃木県の全域並びに千葉県、群馬県及び埼玉県の各一部です。詳しくは、こちらをご覧下さい。

  • 料金
    • 料金については、こちらをご覧下さい。

  • リンク先


EMI確認検査機構